八幡市の猿田彦神社 神が降臨された岩倉なるものがあります超神秘です

今日は我が家からチャリンコで10分程のところにある猿田彦神社のご紹介です。

 

近所でありながらこの猿田彦神社は実は全く知らなかった神社でして”まさかこんなとこに神社があるとは知らなんだ”と言うやつ。ほんまにそんなとこにあるんかい?のノリで行きました。

そしたら当たり前ですがちゃ~んとあるんですな。それも幼稚園を曲がった住宅街のど真ん中。因みに前は畑になってました。そんな猿田彦神社の全貌が分かる動画がこちら。

 

動画を見ると分かりますが、境内も境内の森も本当に小さい。猫の額に近い感じの神社です。そして、そんなこじんまりとした中に、何これ?みたいな岩があります。

動画にも出てきたけど、これです。

 

これが岩倉と言うもので、境内にありました由来等から抜粋しますと「境内の森には大きな宮がありこれを岩倉と夫婦岩と称している。岩倉とは神が降臨される神聖な所である」と書かれてました。

何だか猿田彦神社に岩倉とか夫婦岩とかあって、一体どういうつながりがあるの?みたいな。

正直サッパリ分からない。

そこでいろいろと調べますと、この京都八幡市の猿田彦神社と言うのは、なかなか「へえ~」みたいな由来がありまして、八幡大神が男山に上る際におで迎えしたのが猿田彦神。

なんで迎えに行く必要があるの?と思いますが、やはり現代でも高貴な方はお迎えに行ったりしますから、神様も同様なのかなと。そんな八幡大神を出迎えられたのがこの猿田彦神社が現在ある場所らしいです。

 

出迎えた場所が神社になるの?と言うぐらい八幡大神はすごい神様なんやなあと。

そして猿田彦神はものごとの始まりにおられる神様らしく、良い方向に導いて下さる神様でもあるそうです。だから猿田彦神が出迎えたんだみたいな。

そんなふうに考えるとだんだんと分かってくる岩倉と言う岩、つまりは八幡大神が降臨されたんやなと思います。

これが嘘か本当かは本当に分からないけれど、でもそんな大昔の出来事がず~っと神社としてまた由来として残っているのは大きなパワーがこの場所にあるからやと思います。

その証拠にお祭り等もあるみたいで境内の中の建物には新しいお神輿やら提灯やらがいっぱいありまして氏子さんも沢山居られるんやなあと思いました。

また住宅が隣接してるような感じも逆に地域密着しながら残ってる雰囲気があり、ええ感じやなとも思いました。本当に小さい境内ですがなかなかその内容は濃い京都八幡市の猿田彦神社でした。

ついでに書きますと、本殿と岩倉と夫婦岩に日本酒をお供えしてきたんですが、3本の日本酒を置いた途端にお天気雨いっぱい降ってきまして、なんだか神パワーを本当に感じました。

ものごとの始まりに居られる猿田彦神は良い方向に導いて下さいます、なにか新しい事を始める時には是非とも行かれてみて下さい。良い方向に導いて下さいます。

 

そして付近にある神社です。

先ずは交野天神社、こちらは1500年の歴史があり瓦の乗った鳥居と言い見どころもたくさん。境内もとても広く、御朱印やお守りもいただく事が出来ます。


 

そして交野天神社から歩いて5分の和気神社。

 

和気神社から歩いて10分ほどの所にある狩尾神社。急こう配の階段がホラーですが、その歴史は古く1601年造営。家康の側室であったお亀さんが当時ご尽力されたそうです。

 

そして最後は泥松稲荷大社。こちらは見た目も変わった神社で家みたいですが、中も超神秘です。

八幡市の狩尾神社 神社の階段があまりにも急すぎて超怖いです

今日は我が家からチャリンコで15分ほどの所にある狩尾神社のご紹介です。

実は以前から知ってはいた狩尾神社なんですが、今回こんなふうにあらためて行ったり、またその歴史を知って今回ちょっとへえ~みたいに思いました。

そんな、こちらの神社はいつものように住宅地のド真ん中にありますが、どんどん山が削られ住宅が建ったけど神社だけは残ったみたいな感じのとこです。

なので神社は通称プリン山と呼ばれる山のてっぺん。その小さいプリン山自体はコンクリートで塗り固められ、ちょっと異様な雰囲気と風貌です。

また神社への階段はこれでもか!ってぐらいの急こう配、しかも上るにつれて足元のコンクリのヒビ等が目に入り、また手すりのみで柵も無い階段はある意味ホラー。たぶんお年寄りの方は無理かと。

そんな神社の歴史はとても古くいです。平安初期に建てられたそうなんですが1374年に焼失。

現在の狩尾神社のご本殿は1601年に造営されたもので石清水八幡宮の中では最も古い社殿 重要文化財だそうです。

いろいろと調べますと、八幡宮の祀官家である田中氏の分家が同じく八幡市内の正法寺になるそうです。その正法寺の娘さんが家康の側室になったお亀さんと言う方らしく、当時随分と狩尾神社にご尽力されたとの記載ありました。

そして現在のご本殿は400年ほど前のもので、はっきり言ってボロボロで今にも朽ちそうですが、令和3年~5年にかけて修理工事されるそうです。新しくなったら是非また行きたいな~と思っています。

昔はお正月に狩尾神社にお参りに行きますとお神酒を配られたりしてました、またくずはで花火大会があった頃は、この狩尾神社の階段から見ました。

眺めがよく、花火がとてもよく見えました、懐かしい思い出です。

そして、こちらが狩尾神社の動画になります。どうぞ興味の出た方のぞいてやって下さい。


そして近所の交野天神社です、こちらは1500年ほどの歴史があり、その鳥居は瓦が乗ってたりと見どころもとても多いです。

こちらも近所の猿田彦神社、こちらには神が降臨された「岩倉」と言うものがあります。

 

この辺は神社が固まってあります、さらに近所の和気神社です。こちらは新しい感ありありです。

 

そして最後は知ってるけど入った事がないと有名な泥松稲荷大社です。こちらの神社の中は神秘です。

京都石清水八幡宮ハトのご朱印に珍しいおみくじ未分まで

今日は、このほど国宝になりました我が地元の神社である石清水八幡宮のご紹介です。

この石清水八幡宮は地元では石清水と呼ばれてまして、私なんかは小さい頃から年始は石清水、その後に伏見稲荷へ行くいうのが恒例となってました。なので、石清水は小さい頃からよう行ってる神社です。

そんな石清水がこのほど国宝になったそうで、やっぱりなあ言う感じです。歴史がありますからね、歴史小説なんかを読んでてもけっこう出てくるし。一山全部が石清水でけっこう上らんならんさかい、京都では珍しいケーブルなんてのもあったりします。

昔はケーブルなんかお金かかるし自分の足で上ってました、それに年始なんかはケーブル待ってるより歩いて上る方が早いと思う。それぐらい並んだりします。しかし、それも年始だけ、あいの日はガラガラでいつでも乗れます。

ただ足で上るのはけっこう距離はあります。足の悪い方や、小さいお子さん、にはキツイかと。また体力の無い方は飲み物などを常備して準備されるのをおすすめします。

でまあ、今回は私年末の29日に行ってきましたんで、ガラガラのケーブルに乗る事が出来ました。

上までは5分ほど、あっちゅう間です。

そして、やはり見晴らしが良いです、向こうは京都の大山崎。サントリーの工場がある大山崎です。

えと、ちなみにケーブルは200円ぐらいです。

んで、ケーブルを降りたら境内までは少し歩きます。森の中を歩くと言った感じです。

そして境内

かなり広いです。

年始の準備がされています。通常は階段ですがスロープになってます。

そしてお守りやご朱印はこちらでいただきます。

びっくりしたのはですね、昔はこんなにお守りやらも種類無かったんですが、かぐや姫のお守り、ハトのお守り、必勝守り、延命ひょうたんと本当に沢山お守りの種類が増えてるとこです。

あ、でも綺麗な七色のお守りもあります。

これは良いね、買いました。七色なんで厄除け系かと思います。

あと昔は無かったハトみくじ。

しかも、なんかリアルなハトで、もちっとこう和っぽくデザイン出来なかったんか?みたいな。

しかし、この石清水八幡宮はさすがに歴史の古い大きな神社だけありまして、このおみくじにも珍しいおみくじがあったりします。

それが、これ。先日行った時に、ひいて出ました「未分」いまだわかれず。

吉か凶かまだ分からんと言うおみくじ、しかも上昇運です。(やった~)

あとですね地元情報としましては、狩尾神社のお札は石清水でいただく事が出来ます。

そして、こちらがハトのご朱印で有名な石清水のご朱印。

八の部分がハトになってます。

でまあ、なんでこんなにハトが多いのか?と言いますと、この石清水八幡宮の神様がハトを神使として使われている由来からです。なので地元京阪電車のマークはハトです。

そして、広い境内を少し案内します。

この奥の小さい舎、昔は神馬が居ました。

私が20~30にかけては、まだ神馬居ましたが、最近は居るのを見た事が無いんで、今は居らんのかなあ思います。神馬がおられる時はニンジンなんかを持っていく事が出来ました。勿論、やる事は出来ませんがお世話する方に渡したもんです。

そして、いただいて来たお守り。

中央部の黒いプラは取り外し、鞄につけて組紐にしました。この結び方は説明が載ってるので安心です。願いを叶えながら結びます。

そして交通安全のハト鈴守。可愛いから買ってしまった。

そして、この御神水よ。500円もして、家に帰ってみたら九州の水とのブレンド。どうりで、この石清水にそんな御神水なんて聞いた事もなかったし、やっぱりな・・・言う感じです。

そして、こちらがそんな石清水八幡宮の動画です。2分半ほどの見やすいものとなっております。どうぞ興味の出た方はのぞいてやって下さい。