安心して使えるフルフリフリフラの完全無添加の日焼け止め お子さんにも

今日はフルフリさんのノンケミカル無添加の日焼け止め「海で、日焼け止め。」50g-2592円税込のご紹介です。

で、これが実物の「海で、日焼け止め。」です。可愛いパケと何ともこのネーミングが印象的ですが、ノンケミカルでありながらお値段も50g-2592円とかなりリーズナブル、お肌に優しい日焼け止めを探してる方、おすすめです。

海で日焼け止め

先ずはこの「海で、日焼け止め。」はモニターとして頂いたモノになります、いつもありがとうございます。

そんな日焼け止めは実はこの時期が一番消費が高かったりしますね。理由はやはり冬から春になり陽射しが強くなってくる→紫外線→日焼け止めなんですね。

なので、この時期はビューティボックスにも日焼け止めがセットされたり、ドラッグストアでも日焼け止めのサンプルが配られたり 、美容雑誌等も日焼けや美白の記事がいろいろ多く載ってます。

そんな日焼け止め、30年前はと言うと種類も本当に少なかって、肌を痛めるか?日焼けをするか?どっちを取るみたいなレベルでしてね。

でもまあ時間の経過とともにお肌に優しい日焼け止めなんかも出てくるようになりました。しかし、そんな日焼け止めは恐ろしいほど破壊レベル的にお値段が高かったりしてましてね。(”ほんとだ!”と同意される方も多いかと(笑)

そう、だから、結局はドラッグストアとかの買いやすい日焼け止めを使う事になってました。
これがしかし、ドラッグストアとかの日焼け止めはニオイが結構凄くてね、もう本当にガマンしながら使わなあかん、みたいな感じでした。

ところが今の時代は随分ええねえ。

フルフリ海で日焼け止め

各社いろんな日焼け止めがある、テクスチャーですらジェル、スプレー、クリームと様々です。

勿論今までみたいにお肌が乾燥する事もない、しかも美白ケアしながら日焼けを防止したり、bbクリームに至ってはファンデの機能までついてたりと、おまけにリーズナブル価格やったりします。

もう本当に沢山の選択肢がある日焼け止め、自分のニーズにあう日焼け止めも今の時代やからこそ見つけやすい、そして買いやすいとも思います。

そういう意味で今日のフルフリの日焼け止めの最大のポイントは無添加ノンケミカルってとこです。

フルフリ日焼け止め

なので成分も凄く良い。

これはもう見たら分かるのレベルで、市販の日焼け止めの成分と全く違います。

こういうノンケミカルの日焼け止めってのは実は昔からあるのはありますが、
成分はいいけど物凄く乾燥したり使いづらかったり。
またなんで!みたいに高かったり、なかなか使えるのがなくてね。

ところが何?このフルフリの「海で、日焼け止め。」こんだけ成分良くても乾燥もないし、使い難さも無い。しかもリーズナブル価格の50g-2592円。

1歳以上から使えると言う部分からも成分の良さがうかがえます。そう、だから石鹸で落とせる。
これはもう本当これ最高。

そんなフルフリの日焼け止めの実際のテクスチャーを。

海で日焼け止め テクスチャー

白いクリームタイプです。(クリームタイプなんですが使う前に軽く振ったほうがいいです)

で実際に自分の肌の上で塗り伸ばすと分かるんですが、なんだかモロモロとした感じの部分があって・・・。

この写真で分かるかなあ?

海で日焼け止め テクスチャー

このモロモロとしたのはシルクパウダーが配合されてるからです、らしいです。そして、このシルクパウダーが配合されてるからこそ乾燥しない。

潤うとまではいかないけど、日焼け止めのくせしてエエ感じにお肌にのってくれます。

海で日焼け止め テクスチャー

動画も載せますね。

よりテクスチャーの感じが分かる思います。興味の出た方のぞいてやって下さい。

そして動画を見ていただいた方はお分かりと思いますが、この日焼け止めは軽いのも特徴ですね。
撥水成分みたいなのも入ってないので本当につけてる感がないです。
ただ、若干白くなる感じはあります。

動画では出しすぎて白くなってる感もあるんですが、でも実際に使われて白くなると言うのを感じられる方もおられる思います。このへんがビミョーなとこ。

ノンケミカルで成分もええし、お値段も買いやすい、ただちょっと白くなる。

でも、その白い言うのも時間経過とともに肌に馴染んでいくし、この程度の白さやったら逆に下地として使い易いのでは。

また全く気にならないと言う方もおられる思います。

フルフリフリフラ海で日焼け止め

このへんはもう個人差なのでね、ほんまにビミョーやと思います。

でもね、こんだけお肌に優しいノンケミカル処方でしかもお値段が買いやすいでしょ?おまけに50gの大容量、普通化粧品企業の日焼け止めは30g程度やさかいね。それが50gも入って、顔と身体に使えるのはマジで優秀。

そして、この日焼け止めはお子さんと一緒に使えるのも大きなポイントです。小さい子供さんこそアスファルトの照り返しがあるから日焼け止めは必須。

それに皮膚がんのリスクもあるでしょ?なのでね私は出来るだけお子さんでも日焼け止めを使うのをすすめます。

お肌の弱い方や添加物が苦手な方、そして出来るだけお肌に優しい日焼け止めを望んでられる方、そんな方には特におすすめします。

どうぞ興味の出た方、こちらからのぞいてみて下さい。

「海で日焼け止め。」

手作り無添加化粧水 フルフリ

↓関連記事と動画です。

完全無添加のメイクアップ遊び心のあるパケも魅力フルフリの無添加アイシャドウ

フルフリ『魔女のほうき』無添加美容液がお肌のキメをうす~く整えてくれます

フルフリの3つのベリー美容液この無添加さは多目的に使いやすい

フルフリフリフラの手作り化粧水は他はいらんってぐらいの優秀さ

フルフリフリフラのミネラルファンデーションはお試し168円からあります!

水で溶いたり、油で溶いたり、TPOにあわせて使い分けを



使いこなしの難しいオイル スキンケアの間にはさんだり化粧水の前に使ったり 実はいろいろ使い方あります。

ビューティーモールさんの日焼け止め ちょっと高いかなあ 

今日はビューティーモールの日焼け止めです。「ダブルフラーレンモイストUVミルク30g」6804円税込みのご紹介です。


こちらが実物のダブルフラーレンモイストUVミルク30gの実物、ビューティーモールさんからモニターとして提供していただきました。
ありがとうございます。

そんなビューティーモールさんについてサクッと説明しますと、フラーレンに特化した化粧品企業さんです。ただそのフラーレンも他社みたいにただ化粧品に入れただけではなく、ビタミンC誘導体とビタミンE誘導体をセットで入れた。

これがどういう事かと言うと、フラーレンってのは活性酸素を吸い込む物質、普通化粧品に入ってても正直よう分かりません。何がフラーレン?みたいに思いますね。

活性酸素を吸い込んでくれても肌上は何も変わらんから、ところがここにビタミンC誘導体とビタミンE誘導体が入ってくると話は変わってきます。
フラーレンが働いてくれるから彼等はお肌にダイレクトに力を発揮できる。

このフラーレン、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体のセットの凄さ。
もう本当にスゴイと思ってしまいます。
この凄さはトライアルで体感できますので、興味の出た方はこちらのトライアルをチェックしてみてください

美肌に導くフラーレン高配合化粧品をスペシャル価格で・・・

そんなフラーレンとビタミンC誘導体とビタミンE誘導体が入ったビューティモールの日焼け止めが今日のこれになります。

日焼け止めも年々進化してるなあ思います。

私が20代の時はそれこそ日焼け止めは日焼け止めの機能しかなく選択もせいぜい数値の高さや低さ程度、それが今は何?ジェルやらスプレータイプ、優しい処方やら、美白しながらの日焼け止めやら、消費者の選択肢はどんどん広がってきてます。

自分の好みを選択できるこの時代は特に良いなと思います。


そんなビューティーモールの日焼け止めは美白しながらのタイプ、特筆すべきは他社には無いフラーレンとビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体です。

簡単に言いますと、フラーレン、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体の好きな方向け。美白しながらの日焼け止めもいろいろありますから、水溶性ビタミンC誘導体を入れるとこもあれば、薬用成分を入れるとこもある。


アルブチンを入れるとこもある、いろんな美白成分と言われる成分ありますから。どれを選ぶかはもう好みです。

お値段ですね、美白ケアしながらと言いつつも企業によってお値段もかなりのバラつきが出てきます、このへんも無理せず自分の出せる金額を先ずは明確に、今日のビューティーモールさんは30g-6804円とかなりお高いほうになります。


しかし他社には無いフラーレンとビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体が入ってると思うと納得しますね。

そんなビューティーモールの日焼け止めの実際の中身がこちら。


もう普通に白いクリーム、そして実際に顔に使いますとフンワリと良い匂いもします。テクスチャー的には普通のクリームみたい、あとちょっと白くなる感もあります。

このへんは動画を見ていただいた方が分かりやすいと思います。

そんな日焼け止め、私はいつも書きますが使うのを推奨するタイプです。

なぜならば皮膚がんが怖いから、個人的に出来るだけリスクは避けたいと言う気持ちがあります、このへんももう好み。自分は何を選択するか?になってきます。

そしてなんだか高すぎるとか、フラーレンが少量しか入ってないとか言う意見もあるみたいですが、あくまでもこれ日焼け止めなんでね、個人的にはしゃーない思いますよ。フラーレンをもっとと希望するのであればもっと違うアイテムを選択すればいいだけです。

これはフラーレンとビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体を補助的に入れた日焼け止めと言うアイテムだと認識すれば少ないとか言う意見も出ません。


それに、いろいろと配合するうえで我々消費者には分からない技術的な事もある思います、そのへんは正直ホンマに分からんです なんで納得された上でと思います。

ここで私の個人的な意見もちょっと書きますと、私はこのビューティーモールの日焼け止めを使って市販のに似てるなと思いました。

汗でも流れにくい処方や思います、なのでクレンジングは必須です。

そして個人的には同じくビューティーモールさんから出てるCCクリームの方が好み。

こっちの方が私的には使いやすい。CCクリームやしこれだけでいけるし、使用感もええ。なのでね私的にはCCクリームの方をすすめますわ。

でも手持ちのお気に入りのbbクリームやファンデがあると言う方には日焼け止めの方が良いと思います。グラムも多いしちゃんとした日焼け止めです。

どうぞ興味の出た方はそれぞれのぞかれてみて下さい。

先ずは日焼け止めがこちら↓

ビューティーモール日焼け止め

そしてCCクリームがこちら↓

ビューティーモールCCクリーム

今日はビューティーモール日焼け止めでした。