八幡市の狩尾神社 神社の階段があまりにも急すぎて超怖いです

今日は我が家からチャリンコで15分ほどの所にある狩尾神社のご紹介です。

実は以前から知ってはいた狩尾神社なんですが、今回こんなふうにあらためて行ったり、またその歴史を知って今回ちょっとへえ~みたいに思いました。

そんな、こちらの神社はいつものように住宅地のド真ん中にありますが、どんどん山が削られ住宅が建ったけど神社だけは残ったみたいな感じのとこです。

なので神社は通称プリン山と呼ばれる山のてっぺん。その小さいプリン山自体はコンクリートで塗り固められ、ちょっと異様な雰囲気と風貌です。

また神社への階段はこれでもか!ってぐらいの急こう配、しかも上るにつれて足元のコンクリのヒビ等が目に入り、また手すりのみで柵も無い階段はある意味ホラー。たぶんお年寄りの方は無理かと。

そんな神社の歴史はとても古くいです。平安初期に建てられたそうなんですが1374年に焼失。

現在の狩尾神社のご本殿は1601年に造営されたもので石清水八幡宮の中では最も古い社殿 重要文化財だそうです。

いろいろと調べますと、八幡宮の祀官家である田中氏の分家が同じく八幡市内の正法寺になるそうです。その正法寺の娘さんが家康の側室になったお亀さんと言う方らしく、当時随分と狩尾神社にご尽力されたとの記載ありました。

そして現在のご本殿は400年ほど前のもので、はっきり言ってボロボロで今にも朽ちそうですが、令和3年~5年にかけて修理工事されるそうです。新しくなったら是非また行きたいな~と思っています。

昔はお正月に狩尾神社にお参りに行きますとお神酒を配られたりしてました、またくずはで花火大会があった頃は、この狩尾神社の階段から見ました。

眺めがよく、花火がとてもよく見えました、懐かしい思い出です。

そして、こちらが狩尾神社の動画になります。どうぞ興味の出た方のぞいてやって下さい。


そして近所の交野天神社です、こちらは1500年ほどの歴史があり、その鳥居は瓦が乗ってたりと見どころもとても多いです。

こちらも近所の猿田彦神社、こちらには神が降臨された「岩倉」と言うものがあります。

 

この辺は神社が固まってあります、さらに近所の和気神社です。こちらは新しい感ありありです。

 

そして最後は知ってるけど入った事がないと有名な泥松稲荷大社です。こちらの神社の中は神秘です。

京都八幡市の泥松稲荷社すごく変わった神社でした中はまるで異空間

今日は京都八幡市の泥松稲荷社のご紹介です。ここは本当に見た目も変わってますが、中も変わった神社でした。もう本当に異空間で神秘的すぎる、とにかく動画を見た方が早いんで、とりあえず変わった神社「泥松稲荷社」動画です。

で、ここ「泥松稲荷社」我が家からはチャリンコで10分ほどのとこにありまして、この辺に住んでる方はやったら大概知ってはります。

何せこの目立つ外観やし、前は普通に車が走ってる道路やさかいね。

でも誰も知らんと言うか、入れるん?みたいな。我が家の男子がちょっと小耳にはさんだ情報も泥松稲荷社って「村の神社らしい」程度で、村の神社てなんえ?みたいな。

でもネットで調べますと、泥松稲荷社と言うのは沢山出てきまして、その由来等も分かります。何でもタヌキが神様になったみたいです。だから中にはタヌキの屏風があったんって感じです。

でも、お稲荷さんなんやなぁ。祭壇言うのかな、そこにも狐の置物みたいなん置いてあったし。

泥松稲荷社

ちょっと話がズレましたが、まあとにかく八幡市のサイクリングコースみたいなんにもこの泥松稲荷社は含まれてたし、普通に入れるんやでと思いもう本当に普通にお酒3パック持っていきました。

そしたら何?泥松稲荷社の動画見ていただいた方は分かる思いますが、玄関開けたらいきなり座敷で、もう普通の家?みたいな。

暖を取る火鉢も普通にあるし、電気も普通に通ってるみたいやし。それよりも2階建てってのが上に誰か住んでられるの?って感じで、入っていいのかしら的な一般ピープルの私はかなりひるみましたが、まあ折角来たし上がらせていただきました。

でまあ上がったとこに置いてあったのがこのタヌキの屏風です。

そして入ってすぐ左にご祭神が祀られてました。

そこがまた本当に異空間で天井からは赤い提灯がいっぱいぶら下げられてて、前には祭壇とともにご神木らしい大きな木もあって。

もうナンだか勝手に入っていいのかしら、動画も撮ってるけどいいのかしら?的な。とりあえずお酒のパック3個でも持って来て良かったわ思いました。1個程度ではカッコつかへんし。

もう兎に角、泥松稲荷社はその異空間と神秘的な雰囲気にのまれてしまってゆっくりと見る事もできなんだです。

しかし一心不乱にお願いをすると叶えてくださるとありましたんで、ちゃっかりと個人的なお願いはしました。

あと個人的に感じたのは、なんだか中の空気がすうごく違いました。冬で寒いってのもあった思いますが、冷気がすごかったです。

神様の領域なんやなあとつくづく思いました。

でまあお参りをすませて、外に出ますと泥松稲荷社の駐車場ってのも目にはいりましてナンだかホッとしました。人間の領域に戻ってきた感が。

とにもかくにも、こんな屋内の変わった神社は本当に初めてです。たぶん京都一どころか全国でも、こんな珍しい神社の「泥松稲荷社」は無いのではと思います。

本当に良い体験をさせていただきました。

近所に行った際にはまた泥松稲荷社に寄らせていただければと思います。

と言う訳で、概観からして変わった泥松稲荷社のすぐ近所にあります松花堂です。と言うか横です。こちらは園内が有料ですがお金出す価値ありありの素晴らしい日本庭園を見る事が出来ます。

無理していく必要は無いですが、興味ある方は行かれたら面白いと思います。中は本当に広すぎます、動画は園内の鯉がメインとなってます。松花堂の感じってのがちょっとつかめる思います。

そして、こちらも泥松稲荷社から歩いてすぐ近所の八角堂です。

ここは本当に八角堂だけで何も無い感じです、ただ夏から秋にかけては蚊だらけやったんで虫除けスプレーは必須です。

そして、こちらはサイクリングコースにも入ってる八幡市の和気神社です。ご本殿が最近建てられたみたいでいろいろと新しい感アリアリですが、でも公園と併設されてて面白いです。

人が居なくてガランとしてるとこもユックリ出来ます。手水舎が水道ってのもちょっと笑えて楽しいです。

そして和気神社のすぐ横、歩いても5分ほどのところにあるのが1500年の歴史を誇る交野天神社です。

ここは八幡市では無いですが、隠れたパワースポットとして人気のある場所で、ご本殿も本当に立派です。鳥居も瓦が乗っててそういうとこも凄い!ご朱印、御守り、おみくじもあり、お土産も買えるとこが魅力。

中にある貴船神社の古さも相当なモノで、こちらも行かれるのをおすすめします。沢山の木々の中を歩いていくのもまた楽しいですよ。