ひたすらセンスの良さを感じる京都の梨木神社

今日は本当に総てに於いてセンスの良さを感じさせてくれた京都は梨木神社のご紹介です。

私は京都に住んでおりますがあまり神社仏閣等には詳しくなく、なのでたまたまネットで見かけた梨木神社もどこにあるのか?サッパリで。でも、可愛い5色のお守りは超欲しい~となりまして、調べましたら出町柳から歩いてすぐ、しかも御所のすぐ横。

なんや、すぐに行けるやんとなりまして、去年の11月に行ってまいりました。

でまあ、前もって調べてましたので、梨木神社内にはマンションが建ってるってのは分かっておりましたが、こうやって見ますとやっぱ圧巻と言うか、どこから入るん?みたいな。

何でも修繕のお金が集まらないと言う事で、定期的に収益が可能なマンションを期限付きで建てられたそうです。

おおおおって感じですが、明治18年にご祭神である三條實萬公の生地に建てられた神社と言うことで、比較的新しめと言うのが寄進が集まりにくい理由かなあとか思います。

でまあ、神社内へはちょっと左のほうから迂回しますと、すぐです。

そんな梨木神社は萩や他の木々に取り囲まれた本当に美しい神社で、

もう、立って向こうを見るだけで感動みたいな。

そして左手には授与所。

授与所も質素な感じがとても素敵。

ゴミなども一切無く綺麗に掃き清められています。

そして、左手には手水舎が見えて来ますが、石が浮いたり、黒ずんでたりと修理修繕が必要である事をうかがわせてくれる状況。

なるほどね、って感じです。

でまあ、ここの右手にあるのは井戸でして、「京都三名水」の一つである染井の水です。授与所のほうで空のペットボトル売ってますから、是非購入して汲んで帰られて下さい。

この日は、近所の方が汲みにこられてました。

話それました、すいません。

そして、見えてくる能舞台、紅葉の木々に囲まれ本当に美しい。

ご祭神である三條實萬・三條實美父子のお人柄が反映された本当に質素清廉を感じさせてくれる美しい境内と思います。

神社はいろいろ行きましたが、こんな綺麗な神社・・・珍しい思います。寄進が集まらないのが本当に残念です。皆さん、是非ともペットボトルぐらい購入されて下さい、思います。

もう、本当になんか森の中にあるみたいな・・・これすぐ横は車が走ってるんですよ、信じれんでしょ?

そしてお参りをすませましたら、授与所のほうでお守りとご朱印をいただきに行きます。

とても欲しかった病気平癒御守り。

可愛い5色の袋です。

そして思ったのは、ここ梨木神社の御守りはどれもセンスがとても良い。色合いも、柄も派手すぎず、でもとても可愛く作られてます。

そして、授与所のすぐ前にある水みくじは200円。

この水みくじや、各種御守りの詳しい詳細はこちらの動画をのぞいてやって下さい、だいたいですが境内の中も分かるものとなっております。

そして、いただいてきたご朱印です。とても立派で素敵な字です。こんなふうに書いていただいたらお金を出す価値もあります。

実はこの日、結婚式がありまして宮司さんもなんだか結婚式風の衣装を着られてまして、そういうのもなんだか特別に感じさせてくれました。

そして、いただいてきた御守りとご神水。

病気平癒の御守りも可愛いけど、隣の萩の御守りもとても可愛い~。早速、鞄につけます。コーチも御守りをつけると一風変わった感じになって素敵よねえ。

こっちも良い感じだわ~と内心ほくそ笑んでしまいます♪

そしてご神水は皆でいただいて、パワーとご利益をいただきました。とても素敵な梨木神社、近所に行く機会があればまた寄らしていただきたい、そんな風に思わせてくれました。

ありがとう

現代風でお洒落な下鴨神社のお守り達のご紹介

今日は現代風でとてもお洒落、そして世界に一つだけの自分のお守りをいただく事が出来る下鴨神社のお守りたちのご紹介です。

京都の下鴨神社ですね、私は京都に住んでるんですが行った事も無いし、ましてや存在すら知らなかったと言う。そんな下鴨神社なんですが、何かでその可愛い媛守と言うお守りを見たのです。

それが本当に可愛くて、しかも同じ柄は一つとない、つまり自分だけのお守りをゲット出来るってのを知って、行きたいな~となりまして行ってきました。

京阪の出町柳から歩いていきますと、まだまだ普通の民家の中に見えてくるのがこれ。でも、まだまだ下鴨の入り口は遠い。

傍らには小川まで流れ、なんとも風情があります。

そして、ようやく見えてくるのが入り口。

神社の入り口ってよりは森の入り口って感じですが、実際にこれは糺すの森の入り口になります。つまり糺すの森を抜けると下鴨神社。

そんな糺すの森はすごく広くて、大きな木も沢山生えてる、そして鳥もいっぱい、小川には魚、みたいなそんな所です。

そして糺すの森を入ってすぐにあるのが河合神社、先日の記事で書いたこちらの神社です。京都の河合神社の美人になれるお守りと美人水

つまり下鴨神社の中に河合神社はあります。摂社のひとつになるそうです。そんな河合神社のお守りもとても可愛く綺麗なレースがあしらわれており、中では美人水なるものもいただく事が出来、とても居心地の良いスポットです。

お守り、美人水などを中心に動画を撮ってきましたので、どうぞ興味の出た方はこちらをのぞかれてみて下さい。

そして河合神社の参拝をすませ、糺すの森を抜けると下鴨神社の鳥居が見えてきます。

けっこう歩きますが、糺すの森は自然を満喫できるので、楽しいです。

そして境内とかの写真。

境内とかの写真は他のサイトとかの方が写真も綺麗やろうし、あまり載せないでおきますね。

こちらは本殿。

本殿も写真は禁止やし、面白みも無いのですっ飛ばします。ただ、この本殿の中に干支のお社と言うのがあります。自分の干支のお社にお参りしてから本殿の神様にお参りします。

そして、この本殿の入り口の左にあるのが授与所。つまり目当てのお守りが売られてるとこです。沢山の可愛い媛守ありました。

この媛守は800円。本当にとても可愛い絵柄が見ていても飽きさせません。ちなみに男性用の彦守はこちら。

こちらはジーンズ生地に皮ひも。

そして女性用の媛守が同じ絵柄が無いのとは対照的に、こちらはこの1種類のみ。でも現代風でとてもお洒落。これも800円でした。

これは葵のお守り500円。

縁結びのお守りで、緑とピンクがあります。境内の葵にちなんだお守りと思います。

そして、こちらは水守

ご神水とキラキラが入ってます。光に透かすと、とても綺麗。健康のお守りです。

これは狛犬と獅子の魔よけのお守り。

とても可愛かったのですがお値段はちょっと高めの1200円。でも八坂神社なんて、つまらんお守りでも1000円はするから、それから考えるととても安い。

そして干支のお社に因んだ干支のお守り。

他にも可愛いお守りがいっぱい。

下鴨神社は本当にお守りの種類が多く、どれも本当に可愛い。神社へ行ったら参拝も当然やけど、やっぱりお土産として可愛いお守りも買いたくなる思います。

なのでお守りの写真と動画をいっぱい撮ってきました、下鴨神社はどんなお守りがあるのかなあ?と興味のある方、どうぞのぞいてやって下さい。

そして動画内にも出てくる水もくじ。

下鴨神社は糺すの森の中も小川が流れてるんですが境内の中にもあります。ちゃんと整備されてまして、そんな小川の一つにおみくじを浸して字を読みます。

ちなみに水みくじは300円。

そして疲れたら、中には休憩所もあります。また、そこの飲み物等が安い。300円とかやねん。でも、せっかく来たんやったら、復元されたさる餅をいただいて下さい。

ご利益をいただく事が出来ます。お値段もリーズナブルです、番茶とのセットで350円ほどでした。

この水みくじ、休憩所のさる屋やさる餅も動画内に出てきますんで、どうぞ興味のでた方のぞかれてみて下さい。

糺すの森で自然を満喫し、神社では参拝、そしてお土産の可愛いお守りを買ったり、みたらし社で水みくじをいただいたり、そして疲れたら境内の中のさる屋で休憩。

姪とかにねだられるファンシーショップのしょーむない上に高いグッズから比べたら、遥かに安い。飲み物の梅ジュースでさえ300円。水みくじも300円。どんだけ安いねんと思います。

大人の女性におすすめする下鴨神社です。

どうぞ京都に来られた際、また近所に住んでながら行った事の無いと言う方、どうぞ行かれてみて下さい。なかなか楽しめます、お金もほとんどかかりません。