ハ行 旧表示指定成分

ハ行

パラアミノ安息香酸エステル(紫外線防止))
別名 エチルPABA アミノ安息香酸エチル

皮膚刺激性あり。
アレルギー性皮膚炎を起こす事もある。
吸い込むと麻痺、嘔吐を引き起こす事も。

配合量に制限あり。
体への働きは紫外線防止

使用される化粧品 UV化粧品

—————————————————————————–

パラクロルフェノール(殺菌剤)
別名 クロロフェノール

皮膚、粘膜に障害がおこる恐れあり。
発ガン性、環境ホルモンの疑いあり。

配合量に制限あり。
使用される化粧品 化粧水、洗顔料

—————————————————————————–

パラフェノールスルホン酸亜鉛(しゅうれん剤)
別名 フェノールスルホン酸亜鉛

人によってはアレルギーを起こす事がある。

使用される化粧品 化粧水

—————————————————————————–

パラベン(防腐剤)
別名 パラオキシ安息香酸エステル類

環境ホルモンの疑いあり。
アレルギーを起こすおそれあり。

エステルの種類によって溶解性が違うので化粧品の処方にあわせて選ばれる。

イソプロピルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン、プロピルパラベン、メチルパラベン
使用される化粧品 化粧水、乳液、クリーム、パック、石鹸、ファンデーション、メイク関連等

—————————————————————————–

ハロカルバン(防腐剤)
別名クロフルカルバン

アレルギーを起こすおそれがある。
使用される化粧品 シャンプー、石鹸、アフターシェービングローション、乳液、クリーム等

—————————————————————————–

ピロガロール(防腐、殺菌剤)

皮膚から吸収されて中毒死するおそれあり。
アレルギーをおこす事もある。

使用される化粧品 染毛剤、パーマネント剤

—————————————————————————–

フェノール(殺菌剤)

皮膚から吸収され中毒死する場合がある。
発ガン性の疑いあり。
皮膚、粘膜に対して刺激性がある。

使用される化粧品 化粧水、口紅、UV化粧品、ヘアトニック、整髪料、育毛剤等

—————————————————————————–

ブチルヒドロキシアニソール(酸化防止剤)
別名BHA

間違って飲み込むと歩行困難、消火器出血、肝臓うっ血をおこす。
発ガン性の疑いあり。
環境ホルモン物質の疑いあり。
遺伝子に異常をきたすおそれあり。

肌が敏感な人はアレルギーをおこす恐れあり。
配合量に制限あり。

使用される化粧品 化粧水、乳液、美容液、クリーム、洗顔料、ファンデーション、口紅、メイク関連等

—————————————————————————–

プロピレングリコール(湿潤剤)
別名 PG、ジプロピレングリコール

間違って飲んだ場合、肝臓、腎臓、心臓、脳へ障害を招くおそれあり。
接触性皮膚炎を起こす事もある。
アレルギーを起こす事もある。

使用される化粧品 化粧水、乳液、クリーム、シャンプー、リンス、育毛剤、歯磨き粉、メイク関連

—————————————————————————–

ヘキサクロロフェン(殺菌剤)

皮膚から吸収されて色素沈着の報告あり。
成人では吸収されないが乳児、小児の皮膚からは吸収されるので注意。
アレルギーを起こすおそれあり。

配合量に制限あり。
使用される化粧品 クリーム、おしろい、石鹸、シャンプー、ヘアトニック等

—————————————————————————–

ベンジルアルコール(溶剤)

間違って飲むと腹痛、を起こす。
皮膚、粘膜刺激性もあり。
ただれを起こす事もある。

配合量に制限あり。
天然にも存在するが合成で作られる。

使用される化粧品 石鹸、シャンプー、フレグランス

—————————————————————————–

没食子酸プロピル(酸化防止剤)

敏感肌の場合皮膚刺激がある。

0,2パーセント以下で使用。
鉄と反応して着色する。

使用される化粧品 化粧水、乳液、美容液、クリーム、ファンデーション、口紅、アイシャドー、シャンプー

—————————————————————————–

ポリエチレングリコール(平均分子量600以下のもの)(溶剤、湿潤剤)
別名 PEG(-4、-6、-8、-12)

間違って飲むと肝臓、腎臓障害を起こす。
不純物の場合、毒性がある事もある。
発ガン性の報告もある。

皮膚毒性は低いがアレルギーを起こす事もある。
使用される化粧品 化粧水、クリーム、パック、ベビーローション、リンス、ヘアトニック、歯磨き粉等

—————————————————————————–

ポリオキシエチレンラウリルエテール硫酸塩類(界面活性剤)
別名 ラウレスー12硫酸ナトリウム

皮脂を取り除く力が強いので乾燥して肌が荒れる事がある。

強い洗浄力がある。
代表的なアニオン界面活性剤

使用される化粧品 シャンプー、洗顔料

—————————————————————————–

ポリオキシエチレンラノリン(界面活性剤)
別名 PEG(-5、-10、-20、-24、-27、-30、-35、-40、-50、-55、-60、-75、-85、
ー100、-150)

皮膚刺激性がある。
アレルギーを起こすおそれがある。

使用される化粧品 化粧水、クレンジング、シャンプー、ヘアローション

—————————————————————————–

ポリオキシエチレンラノリンアルコール(界面活性剤)
別名 ラネスー10、ポリオキシエチレン(10)ラノリンアルコール

弱い皮膚刺激性あり。
アレルギーをおこす事がある。

粘膜に使用すると障害をおこす事がある。
使用される化粧品 化粧水、クリーム、クレンジング、シャンプー

—————————————————————————–

ホルモン類(ホルモン剤)
別名 エストロゲン、卵胞ホルモン、エストラジオール、エチニルエストラジオール

薬理作用の激しい医薬品。
副作用や発ガン性がある。

女児がエストロゲン含有の口紅を使用した事で、膣出血、乳房の発育が生じた報告あり。
使用される化粧品 育毛剤、クリーム等