サ行 旧表示指定成分

旧表示指定成分

—————————————————————————–

サ行で始まる一覧

酢酸dl_α_トコフェロール(酸化防止剤)
別名酢酸トコフェロール、酢酸d-αートコフェロール、ビタミンEアセテート

アレルギーを起こす恐れがある。
ショック症状を引き起こす可能性も指摘されている。

体への働きは血行促進、消炎作用、肌荒れ防止効果
配合の目的は酸化を防ぐため。

使用される化粧品 ベビーローション、デオドラントスプレー、口紅、ヘアトニック、育毛剤など

—————————————————————————–

酢酸ポリオキシエチレンラノリンアルコール (乳化剤)
別名酢酸ラネス

皮膚刺激性があり、アレルギーを起こす事がある。
配合の目的は界面活性。

使用される化粧品 化粧水、ヘアローションなど

—————————————————————————–

酢酸ラノリン(エモリエント)

ラノリンのアセチル化合物。
石鹸やシャンプーの過度の脱脂を防ぐために用いたりもする。
人体への影響は比較的少ないとされている。

使用される化粧品 石鹸、シャンプー、クリーム、パック、リップ、アイライナーなど

—————————————————————————–

酢酸ラノリンアルコール(エモリエント剤)
別名 酢酸ラノリル

皮膚刺激がありアレルギーを起こす事がある。
体への働きは、皮膚膜を保護し過度の脱脂を防ぐ。

使用される化粧品 化粧水、乳液、クリーム、ファンデーション、メイク化粧品関連

—————————————————————————–

サルチル酸及びその塩類(殺菌剤)

皮膚、粘膜に障害を起こす恐れあり。
誤って飲み込んだ場合、呼吸器、消火器、精神障害を引き起こす。
染色体異常の恐れもあり。
また発ガン性の疑いもあり。

体への働きは角質を柔らかくして除去する。
白色の粉末。

使用される化粧品 乳液、シャンプー、リンス、石鹸、UV化粧品、日焼け止め、など

—————————————————————————–

サルチル酸フェニル(紫外線吸収剤、殺菌剤)

アレルギー性あり。
皮膚、粘膜に障害を起こす恐れあり。

体への働きは紫外線から肌を守る。
使用される化粧品 UV化粧品

—————————————————————————–

ジイソプロパノールアミン(PH調整剤)
別名DIPA

皮膚、粘膜のへの刺激性あり。

体への働きはPH調整。
使用される化粧品 乳液など

—————————————————————————–

ジエタノールアミン(PH調整剤)

皮膚、粘膜に障害を起こす恐れあり。
発ガン性の報告もある。

配合の目的はPH調整と、水と油を混ぜ合わせる。
使用される化粧品 化粧水、乳液、美容液、クリーム

—————————————————————————–

シノエキサート(紫外線吸収剤)

皮膚刺激があり。
アレルギー性発疹を起こす事もある。

石油から合成されます。
使用される化粧品 UV化粧品など

—————————————————————————–

ジブチルヒドロキシトルエン(酸化防止剤)
別名BHT

間違って飲んだ場合コレステロール上昇をまねく。
神経に対して影響を与える場合もあり。
動物実験では、体重低下、脱毛の報告もある。
遺伝子に異常をきたす場合もあり。
肌が敏感な方の場合アレルギーを起こす事がある。
皮下脂肪に蓄積されやすい。

配合量に制限がある。
使用される化粧品 化粧水、美容液、乳液、クリーム、洗顔料、ファンデーションなど

—————————————————————————–

臭化アルキルイソキノリニウム(殺菌剤)
別名ラウリルイソキノリニウムブロニド

アレルギーを起こす事がある。
皮膚に残らないように注意する必要があり。

界面活性剤を併用すると、効果倍増。
しかし、その場合配合量に制限がある。
使用される化粧品化粧水、クリーム、石鹸、シャンプー、リンス

—————————————————————————–

臭化セチルトリメチルアンモニウム(帯電防止剤)
別名セトリモニウムブロミド

皮膚刺激性は弱いが、アレルギーを起こす事がある。
飲み込んだ場合、嘔吐、けいれん、昏睡を起こす事がある。

粘膜や唇には使用しない事。
配合量に制限がある。
アニオン界面活性剤

使用される化粧品 化粧水、乳液、美容液、クリーム類、パック、ファンデ、メイク関連など

—————————————————————————–

臭化ドミフェン(殺菌剤)

皮膚刺激性がある。

体への働きは殺菌、防腐。
使用される化粧品 化粧水、乳液

—————————————————————————–

ショウキョウチンキ(血行促進)
別名 生姜エキス、ショウキョウエキス

弱い皮膚刺激性がある。

体への働きは、血行促進効果。
皮膚細胞活性にすぐれているにで、老化防止に用いられる。
配合の目的としては有効成分。

使用される化粧品 シャンプー、リンス等

—————————————————————————–

水素添加ラノリンアルコール(エモリエント剤)
別名 水添ラノリンアルコール

皮膚刺激性あり。
アレルギー性皮膚炎を起こす事もある。

体への働きは皮膚に柔軟性や潤いを与える
使用される化粧品 クリーム、美容液、乳液など

—————————————————————————–

ステアリルアルコール(乳化安定剤)

アレルギーを起こす事がある。

高級アルコール
体への働きは、皮膚保護作用、肌の潤いを保つ
使用される化粧品 乳液、美容液、クリームなど

—————————————————————————–

セタノール(乳化安定剤)
別名セチルアルコール

水分蒸発を膜で覆ってしまうので、皮膚呼吸を妨げる場合がある。
皮膚障害を起こす恐れあり。
人によってはアレルギーを起こす事もある。

鯨油やヤシ油を原料に合成される。
体への働きは、肌の水分蒸発を防ぐ。
使用される化粧品 化粧水、乳液、美容液、クリーム、シャンプー、リンス、リップ、マスカラ、ファンデなど

—————————————————————————–

セチル硫酸ナトリウム(界面活性剤)
別名 セチル硫酸塩、セチル硫酸

動物実験では受精卵死亡の報告あり。
強い皮膚刺激性があり。
人によってはアレルギーを起こす事がある。

アニオン界面活性剤
シャンプーなどに配合されてる場合は、ようく洗い流す必要がある。
使用される化粧品 乳液、シャンプー、洗顔料

—————————————————————————–

セトステアリルアルコール(乳化安定剤)
別名 セテアリルアルコール

皮膚毒性は低いがアレルギー性あり。
また、かぶれる事もある。

セタノールとステアリルアルコールの混合物
使用される化粧品 美容液、クリーム、洗顔料、口紅、シャンプー、リンス

—————————————————————————–

セラック(皮膜形成剤)

アレルギーを起こす事がある。
カイガラムシから分泌された成分。

体への働きは、毛髪保護、皮膜形成
使用される化粧品 ヘアケア関連

—————————————————————————–

ソルビン酸およびその塩類(防腐剤)

亜硝酸と反応すると発ガン性を生じる。
配合量に制限があり。
皮膚た粘膜を刺激し、アレルギーを起こす恐れがある。

使用される化粧品 クリームなど