カ行 旧表示指定成分

カ行で始まる一覧

カテコール(ヘアカラー ヘアダイ)

皮膚刺激性があるため、アレルギーを起こしやすい。
配合の目的は酸化を防ぐです。

使用される化粧品ヘアローション、ヘアトニック、ヘアスプレー、染毛剤、パーマネント

—————————————————————————–

還元ラノリン(エモリエント剤)
別名 ラノリン、吸着精製ラノリン、精製ラノリン

接触性皮膚発疹やアレルギー性皮膚炎を起こす事がある。
特に純度の低いラノリンには皮膚アレルギー物質が含まれているので純度の高いラノリンが最近は使われている。

羊毛に付着している羊脂を精製して得られる。
乳化性にすぐれ、皮膚や髪の毛に対する親和性がある。
また角質からの水分蒸発も防ぐ。

使用される化粧品 化粧水、乳液、美白クリーム、UV化粧品、ファンデーション、口紅、アイシャドー、マスカラ、リンス、ヘアトニック

—————————————————————————–

カンタリスチンキ(血行促進剤)
別名マメハンミョウエキス

間違って飲むと激しい胃腸障害、腎臓障害をおこす事がある。
皮膚、粘膜に刺激性がある。
配合量に制限あり。

体への働きは、血行促進効果と育毛促進効果
使用される化粧品ヘアトニック、ヘアローション、ヘアスプレー

—————————————————————————–

グアイアズレン(抗炎症剤)

アレルギー性皮膚炎を起こす事がある。
体への働きは、抗炎症作用と抗菌作用
また肌荒れを防ぎ紫外線も吸収する。

使用される化粧品乳液、歯磨き粉、日焼け止め、UV化粧品

—————————————————————————–

グアイアズレンスルホン酸ナトリウム(抗炎症剤)
別名グアイアズレンスルホン酸塩

アレルギーを起こす恐れがある。
長期の使用は避けた方が良い。
体への働きは、抗炎症作用に優れている。

使用される化粧品乳液、クリーム、シャンプー、石鹸、歯磨き粉、日焼け止め

—————————————————————————–

グルコン酸クロルヘキシジン(抗菌剤)

まれにアレルギー性ショック症状を起こす事がある。
難聴、神経障害の危険性も報告されている。

体への働きは、持続性の抗菌作用。
使用される化粧品化粧水、乳液、美容液

—————————————————————————–

クレゾール(抗菌作用)

強いアルカリ性。
皮膚に障害を起こす可能性が高い。
飲み込むと、胃腸障害、腎臓障害、精神障害などを引き起こすおそれがある。

使用される化粧品化粧水、ヘアローション、ヘアスプレー

—————————————————————————–

クロラミンT(抗菌作用)

粘膜に障害を起こす恐れあり。
配合量に制限あり。

使用される化粧品洗顔料、リンス、石鹸、ネイル、

—————————————————————————–

クロルキシレノール(殺菌剤)

皮膚、粘膜に障害をおこす恐れあり。
発ガン性の疑いあり。

使用される化粧品洗顔料、シャンプー、ヘアトニック、制汗剤

—————————————————————————–

クロルクレゾール(殺菌剤)

吹き出物が出たりする。
配合量に制限あり。

特異なニオイが特徴。
使用される化粧品シャンプー、ヘアトニック、ヘアローション

—————————————————————————–

クロルフェネシン(殺菌剤)

アレルギー性皮膚炎を起こす事がある。
配合量に制限あり。

通常の皮膚にいる菌に対して、かなりの抗菌作用がある。
使用される化粧品乳液、クリーム

—————————————————————————–

クロロブタノール(防腐剤)

局所麻酔剤なので多量に使用すると精神錯乱、昏睡、呼吸器及び臓器機能低下をおこす個問いがある。
アレルギーを起こす事がある。

使用される化粧品 化粧水、ベビーローション

—————————————————————————–

硬質ラノリン(エモリエント剤)
別名ラノリンロウ

アレルギーを起こすおそれあり。
ラノリンから得られる油脂。