ア行 旧表示指定成分

ア行で始まる成分一覧

安息香酸及びその塩類(防腐、殺菌)
別名 安息香酸Na 安息香酸塩

菌の繁殖をおさえ死滅させる。

皮膚、粘膜、目、鼻、のどを刺激する。
胃腸障害を起こすので誤って飲み込まないようにする事。また染色体に異常を起こす場合もある。

使用される化粧品 化粧水、クリーム、美白クリーム、ファンデーション、歯磨き粉、ヘアローションなど

—————————————————————————–

イクモタール(防腐 殺菌)

アレルギーを起こすおそれがある。
胃腸障害を起こすので誤って飲み込まないように注意する事。

使用される化粧品 石鹸、化粧水

—————————————————————————–

イソプロピルメチルフェノール(防腐、殺菌)
別名 イソプロピルメチルエーテル

発ガン性、環境ホルモンの作用が疑われている。
また皮膚、粘膜への刺激が強く、腫れたり、ニキビ、吹き出物、ジンマシンなどがおこることもある。
アレルギーを発症する場合もある。皮膚が弱い方の場合はかなり注意が必要。

使用される化粧品 化粧水、乳液、UV化粧品、日焼け止め

—————————————————————————–

ウンデシレン酸およびその塩類(抗真菌作用)

皮膚刺激性があり、アレルギー性皮膚炎を起こす事がある。
配合量に制限がある。

使用される化粧品 ヘアトニック、ヘアローション

—————————————————————————–

ウンデシレン酸モノエタノールアミド(抗真菌作用)

皮膚刺激性があり、アレルギー性皮膚炎を起こす事がある。
使用後は洗い流す必要がある。

使用される化粧品 シャンプー、石鹸

—————————————————————————–

液状ラノリン(エモリエント剤)

アレルギー性皮膚炎を起こす事がある。
体への働きは皮膚に柔軟性、弾力、潤いを与える効果あり。
乳化成分。

使用される化粧品 クリーム、リンス、トリートメント、ヘアトニック

—————————————————————————–

エデト酸及びその塩類(泡安定剤)
別名EDTA

皮膚刺激性があり。
皮膚の炎症などアレルギーを起こす事がある。
体内に入ると血圧を下げるはたらきがある。

配合の目的としては、洗浄剤の泡立ちをじゃまする金属イオンを封鎖するために入れる

—————————————————————————–

塩化アルキルトリメチルアンモニウム(界面活性剤)
別名塩化ベヘニルトリメチルアンモニウム ベヘントリモニウムクロリド

アレルギーを起こす恐れがある。
配合の目的は界面活性と柔軟材、帯電防止

配合される化粧品リンス

—————————————————————————–

塩化ジステアリルジメチルアンモニウム(帯電防止剤)
別名ジステアリルジモニウムクロリド

人によってはアレルギー性皮膚炎を起こす事がある。
体への働きとしては、髪の毛への帯電防止効果がある。
また殺菌力が強いので消毒剤としても使われる。

使用される化粧品 シャンプー、リンス、トリートメント

—————————————————————————–

塩化ステアリルジメチルベンジルアンモニウム(帯電防止剤)
別名ステアラルコニウムクロリド

アレルギーを起こす恐れあり。
人によっては死に至る事もあるので、誤って飲み込まないようにする必要あり。
配合量に制限がある。
陽イオン界面活性剤

体への働きは消炎作用、かぶれ防止効果、帯電防止効果。
また皮膚保護作用もすぐれている。

使用される化粧品UV化粧品、シャンプー、リンス

—————————————————————————–

塩化ステアリルトリメチルアンモニウム(帯電防止剤)
別名ステアルトリモニウムクロリド

アレルギーを起こすおそれあり。
配合量に制限がある。
体への働きは保湿柔軟効果。

使用される化粧品 乳液、クリーム、美白クリーム、パック、リンス、トリートメント、ヘアローション

—————————————————————————–

塩化セチルトリメチルアンモニウム(帯電防止剤)
別名セトリモニウムクロリド

誤って飲み込むと死に至る場合がある。
配合量に制限あり。
目、皮膚、粘膜を刺激する場合がある。

使用される化粧品美白クリーム、リンス、ヘアカラー、パーマネント剤、制汗剤

—————————————————————————–

塩化セチルピリジニウム(殺菌剤)
別名セチルピリニジウムクロリド

飲み込むと死に至る場合あり。
配合量に制限あり。
アレルギーを起こすおそれあり。

使用される化粧品化粧水、乳液、クリーム、美白クリーム、歯磨き粉、シャンプー、リンス、ヘアローション、ヘアカラー

—————————————————————————–

塩化ベンザルコリウム(殺菌剤)
別名ベンザルコニウムクロリド

人によってはアレルギーを起こす事がある。
強い殺菌作用がある。
体への働きとしては、ふけ、かゆみを抑える。

使用される化粧品シャンプー、リンス、石鹸

—————————————————————————–

塩化ベンゼトニウム(殺菌剤)
別名ベンゼトニウムクロリド

皮膚毒性はとても低いがアレルギーを起こす事もある。
粘膜に使用すると障害を起こす恐れあり。
配合量に制限がある。

使用される化粧品化粧水、乳液、美容液、リンス

—————————————————————————–

塩化ラウリルトリメチルアンモニウム(界面活性剤)
別名ラウリルトリモニウムクロリド

アレルギーを起こすおそれあり。
粘膜に使用すると障害を起こす場合がある。
また神経作用もある。配合量に制限がある。

体への働きは、髪の毛に対する柔軟効果、帯電防止効果
使用される化粧品シャンプー、リンス、整髪料

—————————————————————————–

塩化リゾチーム(抗炎症剤)

アレルギー性皮膚炎をおこす事がある。
粘膜には使用しない。

体への働きは、抗ウイルス、抗感染作用、抗炎症作用
使用される化粧品アフターシェービングローション、化粧水、乳液、シャンプー、歯磨き粉

—————————————————————————–

塩酸アルキルジアミノエチルグリシン(殺菌剤)
別名アルキル(C12-14)ジアミノエチルグリシンHCⅠ
配合量に制限がある。
強い殺菌、消臭作用がある。
発育停滞、白血球減少の恐れもあり。
殺菌以外には洗浄効果、帯電防止効果もあるのでシャンプーなどにも使用される事がある。

使用される化粧品化粧水、ボディパウダー

—————————————————————————–

塩酸クロルヘキシジン(抗菌剤)
別名クロルヘキシジン2HCL

強いアルカリ性なので、皮膚、粘膜に障害を起こす事がある。
体へのはたらきは、持続性の強い殺菌作用。

使用される化粧品 乳液、化粧水

—————————————————————————-

塩酸ジフェンヒドラミン(抗炎症剤))
別名ジフェンヒドラミンHCL

強い皮膚毒性がある。
誤って飲み込むと、眠気、吐き気、頭痛、動悸、喘息などの症状を起こす事がある。

消炎作用のほかに抗ヒスタミン作用、毛根刺激作用もすぐれている。
使用される化粧品シャンプー、リンス

—————————————————————————–

オキシベンソン(紫外線吸収剤)
別名オキシベンソンー3

アレルギーを起こす事がある。
間違って飲み込んだ場合、循環器、呼吸器、消火器に障害をおこす。
環境ホルモン作用の疑いあり。
配合の上限は5パーセントと決まっている。

体への働きは、紫外線を吸収して日焼けを防止する。
使用される化粧品 口紅、UV化粧品、ヘアスプレー

—————————————————————————–

オルトフェニルフェノール(防腐剤)
別名フェニルフェノール

肌が敏感な人の場合刺激がある場合がある。
遺伝子に異常を起こす場合がある。
配合量に制限がある。