ココベタイン

ココベタインとは簡単に言うと界面活性剤です。アルキルベタインと言う自然由来の成分にヤシ油を加えて作ります。

では、アルキルベタインは何か?と言うと、、これも界面活性剤。ただ、このアルキルベタインは両性界面活性剤です。両性界面活性剤と言うのは、プラスとマイナスの性質を持つ界面活性剤です。

洗うマイナスと、吸着のプラスの性質の両方を持ってるわけです。

誰でもわかるように通常、プラスとマイナスはぶつかると互いに打ち消してしまうんですが、両性界面活性剤はその両方を持っている、けっこう特殊な界面活性剤であるとも言えます。

まあ、早い話が洗いながら、コンデイショニングもしてくれる。

そして陰イオンの界面活性剤の刺激を緩和してくれ、泡立ちもよくしてくれる。

つまりココベタインも洗うマイナスと吸着のプラスの性質を持ち、さらに柔軟効果、帯電防止、保湿効果もあると言う、なかなか面白い界面活性剤であります。通常は低刺激のシャンプーなどに使用される場合が多い界面活性剤です。