ローズウォーターとグリセリンを使った手作り化粧水の作り方

今日は基本の手作り化粧水の作り方のご紹介です。

基本の手作り化粧水の作り方

基本の手作り化粧水の作り方

えと化粧水ってのは意外と簡単に作れます。基本、化粧水ってのは中身の9割以上は”水”なんでね。市販の精製水に保湿成分を入れれば簡単に出来上がります。

この基本の化粧水を覚えておけば、あとは自分でアルコール抽出した植物エキスをちょっと入れたり、好みの保湿成分や好みの香りをつける事で、さらに自分好みの化粧水を作る事が出来るんでね、覚えておいて損のないレシピと思います。

ただねー私も過去にいろいろとやりました・・・抽出したはと麦のエキスを入れたり、いろんな保湿成分を入れたり、でもねー最終的にはこの基本の化粧水になりました。そして現在はプレ化粧水として使用したり、ボディに使ったりといろんな場所で重宝しています。

何を言っても、やっぱ簡単が一番ですな。

ではレシピからまいります。

精製水 150~180ml
グリセリン 小さじ半分

基本の化粧水の材料、今回はローズウォーターを使いましたが精製水で代用出来ます

基本の化粧水の材料、今回はローズウォーターを使いましたが精製水で代用出来ます

今回はローズウォーターを使用しておりますが、精製水でOKです。精製水を使う理由は不純物が少ない水だからです。精製水はドラッグストアなどで120円前後ほどで手に入ります。コンタクト用とそうでないのがありますが中身は同じなのでコンタクト用で十分です。

ローズウォーターを使うメリットをサクっと説明しますと、ローズウォーターってのはローズの精油を得る時に出る副産物なんですな。副産物のローズウォーターにもローズの天然成分やローズの香りは十分に残ってるんで、化粧水として使用しますとエイジング効果が期待出来ます。

ローズウォーター

ローズウォーター

また香りが素晴らしいんでね、朝とかに使うと癒されます。

そういうのが長所かなー思います。ただ、ローズウォーターちょっと高いんでね・・・・。無理して買う必要はないですよ。私が今回使ったローズウォーターは近所のインド料理屋で売ってたものでして500円ほどでした。

インド料理屋などに、もしかしたら安く売ってるかもです。

いちおう楽天とアマゾンのローズウォーターのせておきます。興味のある方はのぞかれてみて下さい。

まずは楽天から
ローズウォーター

そして、こちらがアマゾン
ローズウォーター

でグリセリンはドラッグストアなどで手に入ります。私が購入した時で400円せんかったです。なので、たぶん今もそれぐらいの金額だろうと。

グリセリンなんぞ、ほとんど使わんのでね。一度買ったらコスパはすげーいいです。なので購入するのは一番小さいのでOKです。

では作っていきます。

まずは、適当な容器に精製水またはローズウォーターを入れます。

容器に精製水またはローズウォーターを入れる

容器に精製水またはローズウォーターを入れる

容器はリサイクルの草花木果の容器です。一時期、草花木果の化粧水を愛用してたんでね。容器の無い方は100均などでボトルを購入して下さい。

そしたら、今度はグリセリンも入れます。

グリセリンも入れる

グリセリンも入れる

あとはフタをして容器をよく振って混ぜるだけです。

これで出来上がり。

出来上がった手作り化粧水。容器はリサイクルだよん

出来上がった手作り化粧水。容器はリサイクルだよん

使い方は、通常の化粧水のように手の平に出し、顔全体にバシャバシャとつけます。コスパは優秀な化粧水なんでケチらずにバンバン使うのが最大のポイントです。あとは、いつものケアをして下さい。

またプレ化粧水として使う場合は、この後に通常の化粧水を。今までより化粧水の浸透が良くなります。これであなたもスキンケア上級者さんです

最後になりましたが、こちらが手作り化粧水の動画です。どうぞ参考になさって下さい。