レイチェルワインのトライアルは数あるミネラルファンデーションの中でも色が選べるのがポイント

数あるミネラルファンデーションの中でも色が選べるレイチェルワインのトライアルのご紹介です。で、これが実物のレイチェルワインのトライアルね。

レイチェルワインのトライアル

レイチェルワインってのは簡単に言うとミネラルファンデーションの事。たんにレイチェルワインさんが作ったんでレイチェルワインと言う名前のミネラルファンデーションみたいやね。そんなレイチェルワインのミネラルファンデーションはシアカバー、ベアミネラルを使ってきた私からしたら、容器も可愛いし、トライアルながら色も選べるし。

おまけにレイチェルワインさん日本語ぺらぺらでね。

使い方のコツも日本語でぺらぺら喋ってくれはるんで、どのミネラルファンデーションよりも分かりやすく、うまく使えると思いました。なので個人的にはミネラルファンデーション初心者さんには一番おすすめのレイチェルワインです。お値段も1980円の送料無料で買いやすいしね。

そんなレイチェルワインのトライアルの中身をまずはご紹介しますと、ミネラルファンデーションが3色。

レイチェルワイン ミネラルファンデーション3色

そして見た目も可愛いソフトタッチの大きめのブラシが1個ついています。

レイチェルワインのブラシ

ほんで、これは専用のパウダーシャーレ。

レイチェルワインの専用パウダーシャーレ

普通、他のミネラルファンデーションは容器のフタの裏にミネラルファンデーションをトントンと出し、ブラシでくるくるとするんやけど、

レイチェルワインはミネラルファンデーションの入ってる容器自体が小さいからね。くるくるが出来んのよ。

なので、こういう専用のパウダーシャーレが付いてると思われます。でも、こういう何気ないとこも親切なレイチェルワイン

そしてレイチェルワインが日本語でペラペラ喋ってるDVDとカタログ類。

レイチェルワイン付属DVD

カタログ類と言っても最小の数なんでね。好印象です。

こういうトライアルの中身って、ごちゃごちゃといろんな小冊子入れてきはる企業あるからね。あれ、すごいモッタイナイでしょ?森林伐採にもつながるからね。

そういう意味でもレイチェルワインは良いよ。お肌に優しいだけでなく環境にも優しい。

でも、これで1980円送料無料は良心的。

ではレイチェルワインのトライアルの中身が分かったとこで、レイチェルワインの成分をちょっと詳しく書きますと、まずはこれが成分の写真。

レイチェルワインの成分

ちょっと詳しく書きますとマイカは別名セリサイトとも言いのびやつや、着色の成分。天然の鉱物を使った成分でパール剤になったり、他の顔料と組み合わせて色を表現します。

酸化亜鉛は着色成分と紫外線防御作用があります。古くから皮膚病にも使われてきたんですが、人によってはアレルギーを起こす恐れも。でも、ほとんど問題は無いです。

酸化チタンは着色成分ながら紫外線防止効果があるのが特徴。特に問題もありません。

シリカは別名二酸化ケイ素とも呼ばれここでは皮膚の汚れを吸収したり、肌を清潔に保つために加えられてると考えられます。

酸化鉄は着色成分になりまして、昔から使用されてる成分。天然のモノから産出されます。

ラウロイルリシンはヤシ油、パーム油からとれるラウリン酸とアミノ酸の一種であるリジンとの合成物。撥水性があるのが特徴。レイチェルワインもミネラルファンデーションつまりはパウダーのみなんで、こういう撥水性のある物を入れないと汗とかで流れちゃうんでしょうな。

最後の水酸化アルミニウムは安定化成分。肌に皮膜を作り保護します。

こうやって見るとレイチェルワインはとても良い成分。お肌に負担が無いのが本当によく分かります。

お肌に負担が無いってのが分かったとこでレイチェルワインの色の選び方なんすが、ミネラルファンデーションってのは使う量が本当に少量なんでね。そんな色選びに神経質になる必要ないです。

ちなみにこれね、私の買った「日本人の標準色」と言うやつで右がヌーディ、左がベージュ。

レイチェルワインを手の甲に塗ったとこ

これね、こうやって手に多めに塗ってるから色がはっきりと分かるんやけど、実際に使うのはホンマに少量やからね。例えばヌーディやったらほんまにブラシで顔につけても分からんぐらいヌーディ。

なのでね選ぶ色はたいがい「日本人の標準色」でいけますよ。

よっぽど色が黒いとか、色が白い方は、ちょっと濃い目とか白っぽいのを選んだ方がええやろうけど。でもね、ほんまに使う量は少量やからね、そんなに合う色ってのを気にする必要ないですよ。

レイチェルワインはたいがい日本人の標準色でいけます。

それにねレイチェルワイン、こんなホワイトのアクセントフェースパウダーも付いて来るんです。

レイチェルワイン ホワイトのアクセントフェースパウダー

ようはキラキラのホワイト。

最後にこれで顔にツヤを出しますからね、多少色を間違えてもこのホワイトでかなり修正もききます。

レイチェルワイン ホワイトのアクセントフェースパウダー2

それに、このホワイトがあるのは便利です。ミネラルファンデーションってのはパウダーのみやからね、どうしても粉っぽくなるのが否めません。アラフォーなんかになると、さらに若々しいツヤが無くなるからね、この手のホワイトのキラキラは欠かせん。

最後に顔のTゾーンにふんわりとのせるだけで若々しいツヤをプラスする事が出来る。

このキラキラのホワイトが付いて来るのはホンマにええよ。他のミネラルファンデーションには付いてなかったからね。こういうとこもレイチェルワインはさすがです。

では最後にレイチェルワインの使い方のポイントをちょっと書きますと、これねホンマにどのミネラルファンデーションよりも使い方のコツを教えてくれましたよ。レイチェルワイン日本語ペラペラやしね。分かりやすいし。

では、いきますよ。

レイチェルワイン使い方のポイント

まずは上の写真のようにパウダーシャーレにレイチェルワインのミネラルファンデーションとトントンと出します。

量はほんの少量でOK。

ほんで付属のブラシでくるくると取ります。ここまではどのミネラルファンデーションも共通、でもレイチェルワインはここからが違いまして、まずは頬、アゴ、おでこにスタンプを押すようにポンポンとつけます。

いきなり頬にのせてくるくるすると、その箇所だけミネラルファンデーションがついて粉っぽくなるやん?なので、あらかじめ顔におおまかにのせるんやね。

んでから、くるくると顔全体にレイチェルワインのミネラルファンデーションをのせます。

ここでもポイントが。それは、なるべく長くくるくるする事。短時間やと、どうしてもミネラルファンデーションの付きが悪く、密着度も少ないんで、どうしても崩れやすくなるんやな。アラフォーなんかで崩れたら最高に汚いからね。

ここは時間をかけてくるくると顔全体をブラシします。そして小鼻の横なんかは、さらにミネラルファンデーションを足してくるくるします。

で、けっこう時間をかけてくるくるしましたら、今度は磨くと言う行為をします。磨くと言うと難しく聞こえるけど、ようは余分な粉をはらい落とすんです。粉っぽいのは最高に汚いし、ナチュラル感も出ないし、フケた印象になるからね。

ここは面倒くさがらず、時間をかけてブラシで顔の中心から外側へ向けて粉をはらい落とすように磨きます。時間的には、5分ぐらいか?ちなみにレイチェルワインはDVDで喋ってる間中ず~っとくるくるしてはりました。

なので時間をかけて、じっくりとミネラルファンデーションを密着させるようにくるくるしたら、今度は余分な粉をはらい落とすためにさらにじっくりとくるくるをして下さい。

実際にこれをやる事でレイチェルワインの密着度が増し、崩れもかなり軽減されます。それに1枚の薄いベールをかけたようになり、仕上がりもとてもキレイです。またカバー力もそこそこあるし、紫外線防止効果もあるしね。普段はミネラルファンデーションを使わないって方も日焼け防止としても使えるんで、おすすめです。

家の中だけやと日焼け止めだけでOKと思ってる方居てると思いますが、日焼け止めだけでは無理。私がそうで日焼け止めだけやと日焼けします。

なので日焼け止めとこの手の紫外線防止のパウダーは必需品。こういうパウダー類は紫外線を跳ね返す効果もあるんでね。日焼けしたくない方には必需品です。絶対に使って下さい。

そういう意味でもレイチェルワインはおすすめです。

それに大き目のブラシ、ホワイトのキラキラも付いてるし。これだけでも買う価値ありと思います。大き目のブラシもけっこう高いからね。ブランド品やと6000円ぐらいする。ちなみに私はオークションで買ったけど3000円ぐらいしました。今の時代はほんまにお得。こんな大き目のブラシがレイチェルワインやと1980円のトライアルについてるねんもん。

大きめのブラシは1個持ってるとほんまに重宝します。顔全体にふんわりとツヤを出すのに使ったり、いろいろと使えるからね。

レイチェルワインのミネラルファンデーションに興味の出た方はこちらからのぞいてみて下さいね。

天然ミネラル主成分のファンデーション
レイチェルワイン 「ミネラルメイクアップ トライアルセット」