現代風でお洒落な下鴨神社のお守り達のご紹介

今日は現代風でとてもお洒落、そして世界に一つだけの自分のお守りをいただく事が出来る下鴨神社のお守りたちのご紹介です。

京都の下鴨神社ですね、私は京都に住んでるんですが行った事も無いし、ましてや存在すら知らなかったと言う。そんな下鴨神社なんですが、何かでその可愛い媛守と言うお守りを見たのです。

それが本当に可愛くて、しかも同じ柄は一つとない、つまり自分だけのお守りをゲット出来るってのを知って、行きたいな~となりまして行ってきました。

京阪の出町柳から歩いていきますと、まだまだ普通の民家の中に見えてくるのがこれ。でも、まだまだ下鴨の入り口は遠い。

傍らには小川まで流れ、なんとも風情があります。

そして、ようやく見えてくるのが入り口。

神社の入り口ってよりは森の入り口って感じですが、実際にこれは糺すの森の入り口になります。つまり糺すの森を抜けると下鴨神社。

そんな糺すの森はすごく広くて、大きな木も沢山生えてる、そして鳥もいっぱい、小川には魚、みたいなそんな所です。

そして糺すの森を入ってすぐにあるのが河合神社、先日の記事で書いたこちらの神社です。京都の河合神社の美人になれるお守りと美人水

つまり下鴨神社の中に河合神社はあります。摂社のひとつになるそうです。そんな河合神社のお守りもとても可愛く綺麗なレースがあしらわれており、中では美人水なるものもいただく事が出来、とても居心地の良いスポットです。

お守り、美人水などを中心に動画を撮ってきましたので、どうぞ興味の出た方はこちらをのぞかれてみて下さい。

そして河合神社の参拝をすませ、糺すの森を抜けると下鴨神社の鳥居が見えてきます。

けっこう歩きますが、糺すの森は自然を満喫できるので、楽しいです。

そして境内とかの写真。

境内とかの写真は他のサイトとかの方が写真も綺麗やろうし、あまり載せないでおきますね。

こちらは本殿。

本殿も写真は禁止やし、面白みも無いのですっ飛ばします。ただ、この本殿の中に干支のお社と言うのがあります。自分の干支のお社にお参りしてから本殿の神様にお参りします。

そして、この本殿の入り口の左にあるのが授与所。つまり目当てのお守りが売られてるとこです。沢山の可愛い媛守ありました。

この媛守は800円。本当にとても可愛い絵柄が見ていても飽きさせません。ちなみに男性用の彦守はこちら。

こちらはジーンズ生地に皮ひも。

そして女性用の媛守が同じ絵柄が無いのとは対照的に、こちらはこの1種類のみ。でも現代風でとてもお洒落。これも800円でした。

これは葵のお守り500円。

縁結びのお守りで、緑とピンクがあります。境内の葵にちなんだお守りと思います。

そして、こちらは水守

ご神水とキラキラが入ってます。光に透かすと、とても綺麗。健康のお守りです。

これは狛犬と獅子の魔よけのお守り。

とても可愛かったのですがお値段はちょっと高めの1200円。でも八坂神社なんて、つまらんお守りでも1000円はするから、それから考えるととても安い。

そして干支のお社に因んだ干支のお守り。

他にも可愛いお守りがいっぱい。

下鴨神社は本当にお守りの種類が多く、どれも本当に可愛い。神社へ行ったら参拝も当然やけど、やっぱりお土産として可愛いお守りも買いたくなる思います。

なのでお守りの写真と動画をいっぱい撮ってきました、下鴨神社はどんなお守りがあるのかなあ?と興味のある方、どうぞのぞいてやって下さい。

そして動画内にも出てくる水もくじ。

下鴨神社は糺すの森の中も小川が流れてるんですが境内の中にもあります。ちゃんと整備されてまして、そんな小川の一つにおみくじを浸して字を読みます。

ちなみに水みくじは300円。

そして疲れたら、中には休憩所もあります。また、そこの飲み物等が安い。300円とかやねん。でも、せっかく来たんやったら、復元されたさる餅をいただいて下さい。

ご利益をいただく事が出来ます。お値段もリーズナブルです、番茶とのセットで350円ほどでした。

この水みくじ、休憩所のさる屋やさる餅も動画内に出てきますんで、どうぞ興味のでた方のぞかれてみて下さい。

糺すの森で自然を満喫し、神社では参拝、そしてお土産の可愛いお守りを買ったり、みたらし社で水みくじをいただいたり、そして疲れたら境内の中のさる屋で休憩。

姪とかにねだられるファンシーショップのしょーむない上に高いグッズから比べたら、遥かに安い。飲み物の梅ジュースでさえ300円。水みくじも300円。どんだけ安いねんと思います。

大人の女性におすすめする下鴨神社です。

どうぞ京都に来られた際、また近所に住んでながら行った事の無いと言う方、どうぞ行かれてみて下さい。なかなか楽しめます、お金もほとんどかかりません。

京都の河合神社の美人になれるお守りと美人水

今日は京都の河合神社へ美人祈願とそして美人になるお守りをいただいて来ましたので、それのご紹介です。

てっとりばやく河合神社のお守りやカリン水、境内の様子などを知りたい方は、こちらの動画をのぞいてやって下さい。

では、河合神社の詳細にまいります。

河合神社は下鴨神社の摂社になりますので、下鴨神社の入り口から入りますと、もうすぐそこに見えてきます。看板などもありますので、分かりやすいかと。

鳥居をくぐりますと、すぐに手を清める場所があります。

風情があって、とっても良い感じ。

そして境内へ。

先にも書いたように摂社の一つですので、境内は10分もあれば十分に周る事が出来ます。

そんな小さいながらも河合神社が人気の理由は美人になりたいと言う願いを叶えて下さるからです。境内のわきには御白石と言うビューティーパワーストーンが安置。

もちろん、触ってご利益をいただきます。

そして全国でも珍しい鏡絵馬と言うものがあります。これは奉納する前の絵馬です。

この絵馬に自分のなりたい顔を書き、奉納します。その後は、お米をいただいて自宅で白米に入れて一緒に炊いていただきます。美人祈願です。

こちらが奉納された絵馬達。これ等の絵馬を見るのもまた河合神社ならではの楽しみです。

また授与所兼休憩所にはお守り、美人水、お土産などもあります。

中はこんなふうになってまして、美人水はこちらでいただきます。お値段は350円

この美人水は下鴨神社のカリンの庭で取れたカリンとご神水で出来た飲み物で、とてもサッパリとした甘さが美味しかったです。

また美人水と言う名前が美人になれそうです。

そして、こちらには美人になれる各種お守りもあります。鏡にはる御鏡守500円。

とてもシンプルな美志守

そして可愛いレースがあしらわれた美麗祈願守800円。ピンクと水色があり、私は水色をいただいてきました。

とても可愛い、女性らしいお守りです。

また、河合神社にはヤタガラスをお祭りされているお社もありまして、それにちなんでヤタガラスのお守りも。

神武天皇が東伐に行かれた際、その道案内をしたのがヤタガラスです。ヤタガラスはとても神聖な鳥なのです。

お守りもたくさんありました。

また、こちらにはカリンにちなんだお土産もたくさんありました。

けっこうお高いので美人祈願のお守りや絵馬のほうが良いかなあと思います。

また、さすが美人になれる河合神社らしく、石鹸なども販売されてました。けっこう商業的なモノも感じます。

そして意外と石鹸が高くてビックリしました。

私はお土産としてカリン飴をいただいてきました、確か350円。

中身はこんなふうになってまして、飴と鏡絵馬をかたどったメッセージカード。そして勿論、カリン飴のカリンは下鴨神社のカリンのものです。

ちょっとしたお土産には最適かと思います。

女性なら誰でも楽しめる、とても良いパワースポットの河合神社でした。下鴨神社とセットで行かれるのがおすすめです。