ひたすらセンスの良さを感じる京都の梨木神社

今日は本当に総てに於いてセンスの良さを感じさせてくれた京都は梨木神社のご紹介です。

私は京都に住んでおりますがあまり神社仏閣等には詳しくなく、なのでたまたまネットで見かけた梨木神社もどこにあるのか?サッパリで。でも、可愛い5色のお守りは超欲しい~となりまして、調べましたら出町柳から歩いてすぐ、しかも御所のすぐ横。

なんや、すぐに行けるやんとなりまして、去年の11月に行ってまいりました。

でまあ、前もって調べてましたので、梨木神社内にはマンションが建ってるってのは分かっておりましたが、こうやって見ますとやっぱ圧巻と言うか、どこから入るん?みたいな。

何でも修繕のお金が集まらないと言う事で、定期的に収益が可能なマンションを期限付きで建てられたそうです。

おおおおって感じですが、明治18年にご祭神である三條實萬公の生地に建てられた神社と言うことで、比較的新しめと言うのが寄進が集まりにくい理由かなあとか思います。

でまあ、神社内へはちょっと左のほうから迂回しますと、すぐです。

そんな梨木神社は萩や他の木々に取り囲まれた本当に美しい神社で、

もう、立って向こうを見るだけで感動みたいな。

そして左手には授与所。

授与所も質素な感じがとても素敵。

ゴミなども一切無く綺麗に掃き清められています。

そして、左手には手水舎が見えて来ますが、石が浮いたり、黒ずんでたりと修理修繕が必要である事をうかがわせてくれる状況。

なるほどね、って感じです。

でまあ、ここの右手にあるのは井戸でして、「京都三名水」の一つである染井の水です。授与所のほうで空のペットボトル売ってますから、是非購入して汲んで帰られて下さい。

この日は、近所の方が汲みにこられてました。

話それました、すいません。

そして、見えてくる能舞台、紅葉の木々に囲まれ本当に美しい。

ご祭神である三條實萬・三條實美父子のお人柄が反映された本当に質素清廉を感じさせてくれる美しい境内と思います。

神社はいろいろ行きましたが、こんな綺麗な神社・・・珍しい思います。寄進が集まらないのが本当に残念です。皆さん、是非ともペットボトルぐらい購入されて下さい、思います。

もう、本当になんか森の中にあるみたいな・・・これすぐ横は車が走ってるんですよ、信じれんでしょ?

そしてお参りをすませましたら、授与所のほうでお守りとご朱印をいただきに行きます。

とても欲しかった病気平癒御守り。

可愛い5色の袋です。

そして思ったのは、ここ梨木神社の御守りはどれもセンスがとても良い。色合いも、柄も派手すぎず、でもとても可愛く作られてます。

そして、授与所のすぐ前にある水みくじは200円。

この水みくじや、各種御守りの詳しい詳細はこちらの動画をのぞいてやって下さい、だいたいですが境内の中も分かるものとなっております。

そして、いただいてきたご朱印です。とても立派で素敵な字です。こんなふうに書いていただいたらお金を出す価値もあります。

実はこの日、結婚式がありまして宮司さんもなんだか結婚式風の衣装を着られてまして、そういうのもなんだか特別に感じさせてくれました。

そして、いただいてきた御守りとご神水。

病気平癒の御守りも可愛いけど、隣の萩の御守りもとても可愛い~。早速、鞄につけます。コーチも御守りをつけると一風変わった感じになって素敵よねえ。

こっちも良い感じだわ~と内心ほくそ笑んでしまいます♪

そしてご神水は皆でいただいて、パワーとご利益をいただきました。とても素敵な梨木神社、近所に行く機会があればまた寄らしていただきたい、そんな風に思わせてくれました。

ありがとう

京都石清水八幡宮ハトのご朱印に珍しいおみくじ未分まで

今日は、このほど国宝になりました我が地元の神社である石清水八幡宮のご紹介です。

この石清水八幡宮は地元では石清水と呼ばれてまして、私なんかは小さい頃から年始は石清水、その後に伏見稲荷へ行くいうのが恒例となってました。なので、石清水は小さい頃からよう行ってる神社です。

そんな石清水がこのほど国宝になったそうで、やっぱりなあ言う感じです。歴史がありますからね、歴史小説なんかを読んでてもけっこう出てくるし。一山全部が石清水でけっこう上らんならんさかい、京都では珍しいケーブルなんてのもあったりします。

昔はケーブルなんかお金かかるし自分の足で上ってました、それに年始なんかはケーブル待ってるより歩いて上る方が早いと思う。それぐらい並んだりします。しかし、それも年始だけ、あいの日はガラガラでいつでも乗れます。

ただ足で上るのはけっこう距離はあります。足の悪い方や、小さいお子さん、にはキツイかと。また体力の無い方は飲み物などを常備して準備されるのをおすすめします。

でまあ、今回は私年末の29日に行ってきましたんで、ガラガラのケーブルに乗る事が出来ました。

上までは5分ほど、あっちゅう間です。

そして、やはり見晴らしが良いです、向こうは京都の大山崎。サントリーの工場がある大山崎です。

えと、ちなみにケーブルは200円ぐらいです。

んで、ケーブルを降りたら境内までは少し歩きます。森の中を歩くと言った感じです。

そして境内

かなり広いです。

年始の準備がされています。通常は階段ですがスロープになってます。

そしてお守りやご朱印はこちらでいただきます。

びっくりしたのはですね、昔はこんなにお守りやらも種類無かったんですが、かぐや姫のお守り、ハトのお守り、必勝守り、延命ひょうたんと本当に沢山お守りの種類が増えてるとこです。

あ、でも綺麗な七色のお守りもあります。

これは良いね、買いました。七色なんで厄除け系かと思います。

あと昔は無かったハトみくじ。

しかも、なんかリアルなハトで、もちっとこう和っぽくデザイン出来なかったんか?みたいな。

しかし、この石清水八幡宮はさすがに歴史の古い大きな神社だけありまして、このおみくじにも珍しいおみくじがあったりします。

それが、これ。先日行った時に、ひいて出ました「未分」いまだわかれず。

吉か凶かまだ分からんと言うおみくじ、しかも上昇運です。(やった~)

あとですね地元情報としましては、狩尾神社のお札は石清水でいただく事が出来ます。

そして、こちらがハトのご朱印で有名な石清水のご朱印。

八の部分がハトになってます。

でまあ、なんでこんなにハトが多いのか?と言いますと、この石清水八幡宮の神様がハトを神使として使われている由来からです。なので地元京阪電車のマークはハトです。

そして、広い境内を少し案内します。

この奥の小さい舎、昔は神馬が居ました。

私が20~30にかけては、まだ神馬居ましたが、最近は居るのを見た事が無いんで、今は居らんのかなあ思います。神馬がおられる時はニンジンなんかを持っていく事が出来ました。勿論、やる事は出来ませんがお世話する方に渡したもんです。

そして、いただいて来たお守り。

中央部の黒いプラは取り外し、鞄につけて組紐にしました。この結び方は説明が載ってるので安心です。願いを叶えながら結びます。

そして交通安全のハト鈴守。可愛いから買ってしまった。

そして、この御神水よ。500円もして、家に帰ってみたら九州の水とのブレンド。どうりで、この石清水にそんな御神水なんて聞いた事もなかったし、やっぱりな・・・言う感じです。

そして、こちらがそんな石清水八幡宮の動画です。2分半ほどの見やすいものとなっております。どうぞ興味の出た方はのぞいてやって下さい。

京都の六角堂スタバも併設?まるでミニテーマパーク

今日は京都の六角堂のご紹介です。

最近、ご朱印ガール&神社ガールを始めた私なんですが、京都には六角堂と言うお寺があるってのを知りました。場所はと言いますと、なんえ三条から歩いていけるやん。

しかも、境内はハトが沢山居て、そのハトを模した可愛いハトみくじに水晶のハトのお守りやらもあったりして、すごく可愛い。また境内は見所も沢山あるみたいやし、スタバもあるやんか。大きな白鳥もおるみたいやし、行きたい、行きたいとなって、すぐさま行きました。

場所は三条から歩いて10分ほど。

こんなビルとビルの谷間にポツンと六角堂ありました。

たぶん、余所見してたら通り過ぎてしまいそうな、そんな場所。

でも中に入りますと、ちゃんとお寺してます。

なかなか良い感じでしょ?

これが正面から入ったとこの写真です。右にあるのが縁結びの柳の木。

嵯峨天皇がお妃を探していた時に六角堂の観音様が夢枕に立たれ「六角堂の柳の下を探せ」とお告げをされました。六角堂の柳の木の下を探すと美しい女性が居られ、その女性をお妃に迎えられたそうです。

何せ、とても歴史の古いお寺なので、こういう歴史的な話題もたくさんです。

そんな六角堂は聖徳太子が建立されたお寺です、本当にとても古い。そして名探偵コナンの映画 京都編では舞台ともなった場所です。

しかし意外と京都の人は知らん言うのもホンマの話で、ご朱印&神社ガールを始めなかったら、たぶん一生知らんかったお寺です。

そんな六角堂はとても雰囲気の良い、とても美しい気のパワースポットだなあと思いました。境内には噂どうり本当にハトが多く、エサも当然やれます。

またハトのエサも売ってます。

最近はハトへのエサやりですら、自由に出来へん部分あるんで、こんな堂々とエサやれるのは嬉しかったです。

またですね、ハト以外に大きな白鳥が居ました。それも5羽。

この白鳥がね、人間を全然怖がらない感じでね、平気で横で水浴びをザブザブしてる、あまりにも豪快で見てて気持ちええですわ。

その白鳥に居る小さい池には鯉なんかも居ましてね。

ミニ動物園みたいな部分もあります。小さいお子さんが行かれても楽しい思います。

んで、白鳥の池の水はこっちともつながってて、けっこう六角堂の中は水がザブザブと流れておりました。

水がいっぱいあると、なんだか気分もようなる感じです。

とりあえずはお参りをして、沢山の見所を見ていきます。

京都の真ん中を示すへそ石。

別に石があるだけで、ふーん、みたいな。

聖徳太子の太子堂。

別に中も入れないし、見るだけ、みたいな。

お地蔵さんもいっぱい並んでる。

本当に見所いっぱいで、こんな看板もあるけど、この六角堂で迷子になる人は絶対におらん思います。

ふと足元を見ると、こんな可愛いお地蔵さんが居たりして、凄く良い。

こちらは境内の中にある納経所。

中は意外と広くて、お守りや開運グッズ、お土産なんかも売ってました。ご朱印もこちらでいただきます。

可愛いお守り達。

この沢山の可愛いお守りや開運グッズなどは、こちらの動画にまとめてありますので、どうぞ興味の出た方はのぞかれてみて下さい。

そして納経所では休憩所もあったりしまして、お薄と六角堂のへそ石を模した「へそ石餅」 のセット500円をいただく事も出来ます。

消費税も無しよ、500円よ、超リーズナブル。

個人的にはスタバよりエエ思いますわ。お薄なんて普段飲まへんから。

お薄とへそ石餅はこちらで座っていただきました。

なんだかとても昭和レトロな感じが素敵です。何?そのストーブ?みたいな。なんか田舎の駅の待合室みたいな風にも思えますが、京都の六角堂です。

そして、いただいたご朱印。

とっても素敵♪

そして、いただいて来たお守りやおみくじも紹介しますと、ハトみくじです。山積みでありました。

水晶のハトのお守り

財布の中に入れるお守り

ハトや白鳥が境内に居るので鳥を模ったお守りが多いなあと言うのが印象です。

また、ご朱印をいただきに老若男女、たくさんの方が来られてました。そして、近所のOLさんや工事関係者の方も境内でお弁当などを食べてくつろがれてました。

そういう、ちょっとした癒しの場所にもなってました。

こちらは境内の外の鐘楼です。

こんな街中にある六角堂と言うお寺は本当に素敵なパワースポットでした。どなたが行かれても楽しめると思います。

また境内には休憩所、そしてスタバも併設されてます。近所にはモスもあるし、京都の町もセットで楽しめます。どうぞ、六角堂行かれてみて下さい。

現代風でお洒落な下鴨神社のお守り達のご紹介

今日は現代風でとてもお洒落、そして世界に一つだけの自分のお守りをいただく事が出来る下鴨神社のお守りたちのご紹介です。

京都の下鴨神社ですね、私は京都に住んでるんですが行った事も無いし、ましてや存在すら知らなかったと言う。そんな下鴨神社なんですが、何かでその可愛い媛守と言うお守りを見たのです。

それが本当に可愛くて、しかも同じ柄は一つとない、つまり自分だけのお守りをゲット出来るってのを知って、行きたいな~となりまして行ってきました。

京阪の出町柳から歩いていきますと、まだまだ普通の民家の中に見えてくるのがこれ。でも、まだまだ下鴨の入り口は遠い。

傍らには小川まで流れ、なんとも風情があります。

そして、ようやく見えてくるのが入り口。

神社の入り口ってよりは森の入り口って感じですが、実際にこれは糺すの森の入り口になります。つまり糺すの森を抜けると下鴨神社。

そんな糺すの森はすごく広くて、大きな木も沢山生えてる、そして鳥もいっぱい、小川には魚、みたいなそんな所です。

そして糺すの森を入ってすぐにあるのが河合神社、先日の記事で書いたこちらの神社です。京都の河合神社の美人になれるお守りと美人水

つまり下鴨神社の中に河合神社はあります。摂社のひとつになるそうです。そんな河合神社のお守りもとても可愛く綺麗なレースがあしらわれており、中では美人水なるものもいただく事が出来、とても居心地の良いスポットです。

お守り、美人水などを中心に動画を撮ってきましたので、どうぞ興味の出た方はこちらをのぞかれてみて下さい。

そして河合神社の参拝をすませ、糺すの森を抜けると下鴨神社の鳥居が見えてきます。

けっこう歩きますが、糺すの森は自然を満喫できるので、楽しいです。

そして境内とかの写真。

境内とかの写真は他のサイトとかの方が写真も綺麗やろうし、あまり載せないでおきますね。

こちらは本殿。

本殿も写真は禁止やし、面白みも無いのですっ飛ばします。ただ、この本殿の中に干支のお社と言うのがあります。自分の干支のお社にお参りしてから本殿の神様にお参りします。

そして、この本殿の入り口の左にあるのが授与所。つまり目当てのお守りが売られてるとこです。沢山の可愛い媛守ありました。

この媛守は800円。本当にとても可愛い絵柄が見ていても飽きさせません。ちなみに男性用の彦守はこちら。

こちらはジーンズ生地に皮ひも。

そして女性用の媛守が同じ絵柄が無いのとは対照的に、こちらはこの1種類のみ。でも現代風でとてもお洒落。これも800円でした。

これは葵のお守り500円。

縁結びのお守りで、緑とピンクがあります。境内の葵にちなんだお守りと思います。

そして、こちらは水守

ご神水とキラキラが入ってます。光に透かすと、とても綺麗。健康のお守りです。

これは狛犬と獅子の魔よけのお守り。

とても可愛かったのですがお値段はちょっと高めの1200円。でも八坂神社なんて、つまらんお守りでも1000円はするから、それから考えるととても安い。

そして干支のお社に因んだ干支のお守り。

他にも可愛いお守りがいっぱい。

下鴨神社は本当にお守りの種類が多く、どれも本当に可愛い。神社へ行ったら参拝も当然やけど、やっぱりお土産として可愛いお守りも買いたくなる思います。

なのでお守りの写真と動画をいっぱい撮ってきました、下鴨神社はどんなお守りがあるのかなあ?と興味のある方、どうぞのぞいてやって下さい。

そして動画内にも出てくる水もくじ。

下鴨神社は糺すの森の中も小川が流れてるんですが境内の中にもあります。ちゃんと整備されてまして、そんな小川の一つにおみくじを浸して字を読みます。

ちなみに水みくじは300円。

そして疲れたら、中には休憩所もあります。また、そこの飲み物等が安い。300円とかやねん。でも、せっかく来たんやったら、復元されたさる餅をいただいて下さい。

ご利益をいただく事が出来ます。お値段もリーズナブルです、番茶とのセットで350円ほどでした。

この水みくじ、休憩所のさる屋やさる餅も動画内に出てきますんで、どうぞ興味のでた方のぞかれてみて下さい。

糺すの森で自然を満喫し、神社では参拝、そしてお土産の可愛いお守りを買ったり、みたらし社で水みくじをいただいたり、そして疲れたら境内の中のさる屋で休憩。

姪とかにねだられるファンシーショップのしょーむない上に高いグッズから比べたら、遥かに安い。飲み物の梅ジュースでさえ300円。水みくじも300円。どんだけ安いねんと思います。

大人の女性におすすめする下鴨神社です。

どうぞ京都に来られた際、また近所に住んでながら行った事の無いと言う方、どうぞ行かれてみて下さい。なかなか楽しめます、お金もほとんどかかりません。

京都の河合神社の美人になれるお守りと美人水

今日は京都の河合神社へ美人祈願とそして美人になるお守りをいただいて来ましたので、それのご紹介です。

てっとりばやく河合神社のお守りやカリン水、境内の様子などを知りたい方は、こちらの動画をのぞいてやって下さい。

では、河合神社の詳細にまいります。

河合神社は下鴨神社の摂社になりますので、下鴨神社の入り口から入りますと、もうすぐそこに見えてきます。看板などもありますので、分かりやすいかと。

鳥居をくぐりますと、すぐに手を清める場所があります。

風情があって、とっても良い感じ。

そして境内へ。

先にも書いたように摂社の一つですので、境内は10分もあれば十分に周る事が出来ます。

そんな小さいながらも河合神社が人気の理由は美人になりたいと言う願いを叶えて下さるからです。境内のわきには御白石と言うビューティーパワーストーンが安置。

もちろん、触ってご利益をいただきます。

そして全国でも珍しい鏡絵馬と言うものがあります。これは奉納する前の絵馬です。

この絵馬に自分のなりたい顔を書き、奉納します。その後は、お米をいただいて自宅で白米に入れて一緒に炊いていただきます。美人祈願です。

こちらが奉納された絵馬達。これ等の絵馬を見るのもまた河合神社ならではの楽しみです。

また授与所兼休憩所にはお守り、美人水、お土産などもあります。

中はこんなふうになってまして、美人水はこちらでいただきます。お値段は350円

この美人水は下鴨神社のカリンの庭で取れたカリンとご神水で出来た飲み物で、とてもサッパリとした甘さが美味しかったです。

また美人水と言う名前が美人になれそうです。

そして、こちらには美人になれる各種お守りもあります。鏡にはる御鏡守500円。

とてもシンプルな美志守

そして可愛いレースがあしらわれた美麗祈願守800円。ピンクと水色があり、私は水色をいただいてきました。

とても可愛い、女性らしいお守りです。

また、河合神社にはヤタガラスをお祭りされているお社もありまして、それにちなんでヤタガラスのお守りも。

神武天皇が東伐に行かれた際、その道案内をしたのがヤタガラスです。ヤタガラスはとても神聖な鳥なのです。

お守りもたくさんありました。

また、こちらにはカリンにちなんだお土産もたくさんありました。

けっこうお高いので美人祈願のお守りや絵馬のほうが良いかなあと思います。

また、さすが美人になれる河合神社らしく、石鹸なども販売されてました。けっこう商業的なモノも感じます。

そして意外と石鹸が高くてビックリしました。

私はお土産としてカリン飴をいただいてきました、確か350円。

中身はこんなふうになってまして、飴と鏡絵馬をかたどったメッセージカード。そして勿論、カリン飴のカリンは下鴨神社のカリンのものです。

ちょっとしたお土産には最適かと思います。

女性なら誰でも楽しめる、とても良いパワースポットの河合神社でした。下鴨神社とセットで行かれるのがおすすめです。